税務の費用を抑える記帳代行サービスをご存知ですか?

大阪の記帳代行ならエース税理士法人

法人、個人事業に関わらず必要になるのが税務です。
しかし、税理士と顧問契約を行うと費用がかかりすぎる為に、躊躇される方も多いかと思います。
そんな方にオススメなのがエース税理士法人の記帳代行サービスです。
税理士業務を限定することで費用を抑え、また決算申告まで対応可能ですので、設立したばかりの法人や個人事業主の方に人気のサービスです。

記帳代行って何をしてくれるの?

記帳代行とは領収書を整理し、仕訳・帳簿作成を代行するサービスのことです。
個人・法人を問わずに税務申告や経営状態の把握の為に日々帳簿をつける必要があります。しかし、伝票作成や仕訳・記帳などの業務は専門知識も必要となり、非常に面倒に感じられる方がほとんどです。

エース税理士法人の記帳代行なら、当社がご用意した封筒に必要書類(領収書など)を入れて送るだけで、当社が記帳を行い、試算表などの書類を作成させて頂きます!

決算申告も対応可能!

日々の仕訳・記帳に次いで税務で大変なのが、決算や申告作業かと思います。
エース税理士法人の記帳代行では申告作業にも対応しておりますのでご安心下さい。

税務でお悩みの方は、まずは一度エース税理士法人にご相談下さい。

詳しくはエース税理士法人 記帳代行特設サイトをご覧下さい。

事業の規模に合わせた料金形態をご用意しています

エース税理士法人の記帳代行は3つの料金プランをご用意しています。また、各プランの仕訳数を超過する場合も1仕訳50円で対応可能です。

記帳代行料金プラン

詳しくはエース税理士法人 記帳代行特設サイトをご覧下さい。

税務でお悩みの方はぜひ一度エース税理士法人にご相談下さい。

起業・開業で会社設立をお考えの方へ

大阪で会社設立するならエース税理士法人

起業・開業するにあたって必要になるのが会社設立です。
以前は可能だった有限会社での会社設立が出来なくなったり、
時代の流れと共に変化する会社形態でお悩みではありませんか?
株式会社、合同会社など、どれが自分に合っているかなど
わからない点が多々あるかと思います。
エース税理士法人ではそんな起業を考えている方の不安を解消し、
スムーズな起業・開業をお手伝いします。

どの会社形態で設立すればいいの?

2017年6月1日の現在、設立可能な会社は主に4つあります。
合同会社、合資会社、合名会社、株式会社の4つになります。株式会社はよく耳にすることがあると思いますが、その他はあまり耳にしたことがない方が多いかもしれません。
また、他にも有限会社がありましたが、2006年の新会社法施行に伴い、新しく設立することはできなくなしました。

一般的には株式会社か合同会社のいずれかで会社を設立することになります。
それぞれの違いを簡単に説明しますと、
・設立費用の差
・上場できるか
・投資家から資金調達を考えているか
になります。
とりあえず法人格が必要という方には合同会社がおすすめです。

設立に関してお悩みならまずはご相談下さい!

また、エース税理士法人では設立前のご相談や設立に関するサポートも行っております。
皆様の事業にあわせて最適なご提案をさせていただきます。

詳しくはエース税理士法人 会社設立特設サイトをご覧下さい。

ご自身で設立されるよりも約16万円もお得です

大阪で会社設立するならエース税理士法人

なぜ安くなるのか?

その理由は、当税理士法人にご依頼いただきますと電子定款で
定款を作成しますので、定款印紙代がなる分お安くなります。
もちろん、手数料はいただきますので、
ご自身で設立されるより1万円ほど高くなってしまいます。

どうしたら約16万円もお得になるの?

では、どうしたら約16万円もお安く会社設立できるかといいますと
設立後の税務を当税理士法人にご依頼いただける場合に
設立祝い金を出させていただいております。
もし、設立後に会社の税務を税理士にお願いしようと考えておられる場合は
単純にお安く会社設立を行うことができます。

※設立祝い金の詳細に関しましてはエース税理士法人の会社設立特設サイトをご覧下さい。

会社設立後の経営計画もお任せ下さい!

また、エース税理士法人では設立後の経営計画などのお手伝いも可能です。
経営に関するお悩みなどもご相談いただけますのでぜひご検討下さい!

詳しくはエース税理士法人 会社設立特設サイトをご覧下さい。

NL vol.41 消費税のかからない取引 -不課税取引- について

新緑のさわやかな季節がやってきましたね。日中はとても過ごしやすい気候ですが、朝夕はまだまだ冷えこみます。5月は大型連休もあり疲れが出やすい時期でもありますので、体調にに十分ご注意下さい!

目次

続きを読む NL vol.41 消費税のかからない取引 -不課税取引- について