NL vol.35 年末調整のご準備を!

冬と呼ぶにはまだ何か足りない時期ではありますが、立冬を過ぎると霜が降り始め冬の様相が色濃くなってきます。
今月は年末の一大イベント「年末調整」についてご紹介致します。

目次

年末調整のご準備を!

今年はマイナンバー制度が開始されてから、初の年末調整となります。年末調整とは、1年間で給与所得から源泉徴収している所得税の合計額と実際に1年間で発生した所得に対する所得税額との差額を調整する手続きです。年末調整の対象者は、年末ま でその会社に勤務しているすべての方です。ただし、1年の給与所得が2,000万円を超えている人、災害減免法で所得税の徴収について猶予等を受けた人は年末調整の対象外です。

税務署から送られてくる書類

11月初旬頃届きます。給与所得者(従業員)全員の記載が必要です。

給与所得者の扶養控除(異􏰁)等申告書 通称:まるふ(右上に「扶」のマーク)

今年から、個人番号(マイナンバー)の記載が必要になりました。
給与所得者(従業員)本人以外にも、控除対象配偶者や扶養親族がいる場合にはマイナンバーの記載が必要です。控除対象扶養家族でない、16歳未満の扶養親族についてもマイナンバーの記載が必要です。

給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書
通称:まるほ(右上に「保・配特」のマーク)

記載するには、従業員の方の下記の書類が必要です。

■保険料の控除証明書(生命保険・個人年金・地震保険など)
■小規模企業共済掛金などの払込証明書
■社会保険料の控除証明書(ご本人や扶養家族の国⺠年金国⺠健康保険の控除証明書)
■配偶者の収入金額がわかるもの(配偶者の源泉徴収票など)

年末調整の計算に必要な準備書類

①1月〜12月 の給与台帳(給与所得者全員の分)

②中途入社の方
前職の源泉徴収票(平成28年分)
前の職場に依頼して、早めに発行してもらいましょう!

③住宅ローン控除を受けている方(2年目以降) ※初年度は「確定申告」が必要です。
住宅借入金等特別控除申告書 (初年度に税務署から届いた用紙)
住宅資金に係る借入金残高等証明書 (銀行から届く残高証明書)

今年はマイナンバーの記載が増え、準備書類も多くなりますね。

年末になって慌てないよう、今から準備を行っていきましょう。
エース税理士法人では年末調整の代行も可能ですのでお気軽にご用命下さい。

INFORMATION

11月の税金

・10月分源泉所得税の納付
・特別徴収住民税(10日)
・9月決算法人の確定申告
・個人事業税 2期納付
・所得税予定申告 2期納付

連絡事項

年末調整のご準備をお願いします。
★マイナンバー
★控除証明書
収集準備や、中途入社の方の前職の源泉徴収票など、発行してもらう必要があるものは早めのご連絡をお願いします。

編集後記

秋も深まり薄着で外を歩くのが辛くなってきました。
気温が下がると空気が澄んで星がすごく綺麗に観測できる季節になります。11月はしし座流星群がピークを迎えますが、今年は月が明るいため観測状況は良くない様です。そのぶん、11月14日はスーパームーンが楽しめそうです!
夜は冷え込みますので、体調を崩さないように気を付けてくださいね。

筆者:前田