NL vol.37 「セルフメディケーション税制」が平成29年より開始

新年明けましておめでとうございます。年明けの忙しい時期ではございますがお変わりなくお過ごしでしょうか。
新しい年を迎え心新たに頑張って参ります。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

目次

セルフメディケーション税制が平成29年より開始

セルフメディケーション税制って聞いたことはありますか?平成29年1月1日より開始される新しい医療費控除制度です。従来の医療費控除に特別枠が追加され対象者が拡大します。

従来の医療費控除って?

医療費控除は、通院などで支払った医療費、治療のために薬局で買った薬などの金額の合計額が年間で10万円を超えたとき(またはその年の総所得金額等が200万円未満のときはその総所得金額等の5%の金額を超えたとき)に受けることができる所得控除です。

セルフメディケーション税制による医療費控除って?

セルフメディケーション税制は、控除対象となる年に健康診査や予防接種などを受けた人が、薬局などで対象のスイッチOTC医薬品(市販薬)を年間12,000円を超えて購入したときに受けることができる所得控除です。

スイッチOTC医薬品って?

医療用医薬品から転用された82成分を含むOTC医薬品(要指導医薬品および一般用医薬品)です。厚生労働省のホームページで、この制度の対象となる具体的なOTC医薬品を確認することができます。対象となる市販薬には上記のマークが目印となります。※マークなしでも同じ製品は制度の対象となります。

控除額の上限や家族分の合算は?従来の医療費控除との併用は出来る?

上限の控除額は88,000円です。また、生計を一にしている家族・親族は合算対象になります。同居じゃなくても大丈夫ですが従来の医療費控除との併用はできません。

「医療費-10万円」と
「セルフメディケーション税制対象の市販薬の総額-12,000円」の大きい方の額

を選択して確定申告すれば一番メリットが大きくなります。

※セルフメディケーション税制の特例を受けるには確定申告の際に健康診査や予防接種を行ったことを明らかにする書類を添付又は提示する必要があります。

2017年1月から新たな医療費控除制度であるセルフメディケーション税制が始まります。今までは医療費と関係がなかった方たちも、これからは確定申告で控除を受けられる可能性も高まります。来年以降は、医薬品のレシートや領収書を 取っておくようにしましょう。

INFORMATION

1月の税金

・源泉所得税の納付
毎月納付 :10日(火)
納期の特例:20日(金)
・個人住民税第4期分納付
・11月決算法人の確定申告
・5月決算法人の中間申告

連絡事項

年末調整の締め切りが迫っております。納期の特例を採用されている事業主様は、1月20日が納付期限となっておりますので、もう一度納付状況のご確認をお願いします。

編集後記

新年明けましておめでとうございます。今年の干支は酉ですね。酉年は新年も一番に鳴く酉から縁起が良くさらに商
売関係に縁起のよい干支とされています。「とり→とりこむ」で、商売に繋がるとされているからだそうです。
今年も更なる飛躍を目指して頑張りたいと思います。

筆者:大本