税理士 大阪(大阪府)税理士 神戸(兵庫)でお探しなら!【月々4000円〜】の顧問料金&専門チームによるスピード対応で安心と満足をお届けします!

無料相談・お見積りは0120-932-652

新設分割の場合における納税義務の判定方法について説明します。


【新設分割子法人】

●分割等があった日の属する事業年度及び翌事業年度

 基準期間に対応する、新設分割親法人の課税売上高が1,000万円を超えると課税事業者になります。


●分割等があった日の属する事業年度の翌々事業年度以降

[分割子法人が特定要件に該当する場合] 
 基準期間に対応する、新設分割親法人と新設分割子法人の課税売上高の合計額が1,000万円を超えると課税業者になります。

[分割子法人が特定要件に該当しない場合]
 基準期間に対応する、新設分割子法人の課税売上高が1,000万円を超えると課税事業者になります。


【新設分割親法人】

●分割等があった日の属する事業年度及び翌事業年度

 基準期間に対応する、新設分割親法人の課税売上高が1,000万円を超えると課税事業者になります。


●分割等があった日の属する事業年度の翌々事業年度以降

[分割子法人が特定要件に該当する場合] 
 基準期間に対応する、新設分割親法人と新設分割子法人の課税売上高の合計額が1,000万円を超えると課税業者になります。

[分割子法人が特定要件に該当しない場合]
 基準期間に対応する、新設分割親法人の課税売上高が1,000万円を超えると課税事業者になります。



<特定要件とは>
新設分割子法人の50%超の発行済株式又は出資を、新設分割親法人が所有していることをいいます。

お客様の声

無料相談・お見積は06-6532-2652まで